疣贅の種類のまとめ

疣贅の種類のまとめ

老人性疣贅

老人性疣贅は年齢と共にできやすいイボのことです。茶褐色や肌色のような色をしており、少し盛り上がっています。最初は小さいシミのように見えることがありますが、徐々に大きくなったり盛り上がるなど変化してきます。シミがあるように見えたら指で触ってみてデコボコしていないか確認しましょう。
発生する年齢は個人差があり、早い人で20代くらいから既にできている場合もあります。最初は目の周りや首などに小さな吹き出物のような感じで気が付かないのですが、年齢と共に気になりだします。残念ながらそのまま放置すれば数が減ることはありません。自宅で予防ケアを心掛けたり、大きく目立つようなら皮膚科で除去してもらうとよいでしょう。

尋常性疣贅

尋常性疣贅はウイルス性のイボのことです。手足などにできやすい特徴があり、他人にはあまりうつりませんが、本人が触れて他の部位へ広がることがあります。このウイルスの原因となるものは既に100種類以上確認されており、ウイルスの型によって多少できる場所が異なっています。
厄介なのが間違ったケアで広がることがある面です。足の裏にできると魚の目にも見え、自分で削ったりして広げることがあります。特に子どもに見られることが多いようですが、大人でもできるタイプも見られています。通常は触れても感染しにくく、皮膚のバリア機能が落ちている箇所からウイルスが進入します。アトピー性皮膚炎など皮膚が弱っている人は注意しましょう。
尋常性疣贅を発見したら皮膚科にて液体窒素を利用し治療できます。

足底疣贅

足底疣贅とはウイルス性のイボの中でも足の裏にできるものをいいます。一見魚の目にも見えるため放置されやすく、自分で処置を続けて治りにくくなる人もいるため注意が必要です。
感染は足の裏などに傷があり、ウイルスが感染したと考えられます。イボ自体は悪性化するものではありませんが、足の裏にできるとイボが中に入り込み治療に長い期間を要す可能性があるため早めに治療すると良いでしょう。足の裏は元々角質が厚くなっており部位によっては何度か液体窒素での治療が必要となります。
足底疣贅は最初は足の裏に1箇所など少ないのですが、ウイルス性のため周りに広がることがあります。魚の目のケアをしても改善しにくく、増えてくるようならイボも疑いましょう。

伝染性軟属腫

伝染性軟属腫はウイルス性のイボで一般的にいわれる水いぼのことです。殆どの場合で子どもに現われやすく、大人にできることは少なくなっています。特に抵抗力が低い人、アトピー性皮膚炎で皮膚のバリアが落ちている人、乾燥肌の人に多いとされています。子どもの場合は他の子どもが持つウイルスからプールなどで貰ってきます。
大人の場合はたとえ感染しても痒みなどがあるだけで自然治癒することがあります。感染してから発症までは1ヶ月程度かかるため、長い間をかけて進行します。感染しても小さくなり自然治癒すれば問題ありません。
ただし免疫力が落ちている人などは増殖することがあるため治療します。ピンセットで直接取り除き、外用薬で痒みなどを押さえます。

扁平疣贅

扁平疣贅とはウイルス性のイボのことです。青年期の顔や手などにできやすく、小さな傷よりウイルスが入り込みます。カミソリで毛を処理する際に皮膚が傷つかないよう注意しましょう。
大きさは数mm程度で淡い褐色、扁平で突起しています。引っかいたりすると周りに広がるため触らないようにすることです。比較的自然治癒しやすく症状が治まるようならそのまま放置しても問題はありません。男性は髭剃り後に発生したり、女性の場合は手足の毛を処理した後にできる場合が見られています。
もし症状が治まらないようなら皮膚科にて液体窒素を使い治療します。患部を凍結させて組織を壊死させるため、人によっては多少痛みを感じます。1度で取れなければ何度か治療が行われます。

首イボ化粧品ランキング